瞬(しゅん・またたく・またたき・まじろぐ・まばたく・しばたたく)


(しゅん・またたく・またたき・まじろぐ・まばたく・しばたたく)
shun – matataku, matataki, majirogu, mabataku, sibatataku

またたく。すばやく目を動かす。広く、さっとまたたきする。
ほんの一瞬の間。



素早い動きをあらわす「舜(しゅん)」と目を合わせた字で、字義は「まばたき」です。星が瞬(またた)くというような言葉にもこの字を使います。

よく使う「瞬間、一瞬、瞬時」などの言葉は「一度まばたきをするほどのほんの短い時間」という意味の比喩的な表現。「瞬」の字は「短時間」を意味するので名付けには縁起が悪いというご意見もあるようですが、字そのものに「短い時間」という意味があるわけじゃないので気にしなくてもいいと思いますよ。