雫(しずく・だ)

(しずく・だ)
shizuku – da

水などの液体が粒の状態をあらわす言葉。滴、しずく。



人名用漢字に使えるようになったのは意外に最近の2004年9月。
成り立ちは「雨+下」で、そのまま水滴をあらわす字なんですが、中国では10世紀末にの書籍に登場するものの意味が載っておらず、どのような意味で使われていたかは分かっていないそうです。

女の子の名づけで人気がある理由は、アニメのキャラクターの影響か、あるいは語感のかわいさでしょうか。でも漢字には「水滴、雨つぶ」という意味しかありません。そのままだとあまりに儚く刹那的なので、しずくちゃんと名づける場合にはちゃんと由来や意味を考えてあげてください。