栞(しおり・かん)


(しおり・かん)

shiori – kan

目印にするために折った木の枝。木のふだ。
きる。木の枝を折って、道の目じるしにする。
四角く切りとる。
しおり。読みかけた本にはさんで、目印とするもの。転じて、手引き。



成り立ちは「干」と「木」です。「干」には棒という意味があり、字義は「木でできた目印」とのこと。

もともと「しおり」という和語は、山道を歩く時に迷わないように木の枝を折って道しるべとすることを意味する「枝折る(しおる)」という言葉が語源。そこから転じて、読みかけの書籍の間にはさむ目印や、説明書などを「しおり」と言うようになったそうです。

名付けに使う場合の意味としては、道を踏み外さないように、あるいは、まわりの人たちの道標となるようにという感じでしょうか。語感も意味も、いい字ですね。