塁(るい・とりで・かさ・たか)


(るい・とりで・かさ・たか)
rui – toride, kasa, taka

土などを積み重ねて防御とした陣地。とりで。
野球のベース。



旧字は「壘」です。「るい」の音をあらわす上部の3つの田は、軍営の土壁をあらわす文字。これに土を加え、石や土嚢を積み重ねてとりでを作ることをあらわしているそうです。

この字を名に持つ友達がいるんですが、彼いわく「自分の城郭を築けるような人物に」という意味がこもっているとか。とても素敵な名だと思います。少し堅く、重い印象の字ですが、楽しみながら城郭を築いてほしいなという気持ちを込めてあえて軽やかに書いてみました。