織(おり・おる・しょく・しき・り)

(おり・おる・しょく・しき・り)
ori – oru, shoku, shiki, ri

おる。機で布をおる。布をつくる。
機おりの仕事。
機にかけた糸。おりかけた布。
模様をおり出した絹織物。また、染めた絹糸でおった布。
旗についているしるし。旗じるし。



つくりの部分(右側)は「目印を立てる、目立たせる」という意味を持つ字で「ショク」という音をあらわす形声文字。これに糸へんを加えて、「糸を組んでおり目を目立たせる、旗印」という意味になったとのこと。
旗印という意味は知りませんでした。そのあたりを由来にするならば男子の名付けにも使えそうな。

字の成り立ちそのものはあくまで布を織ることなのであまり深い意味はありませんが、例えば「人と人のつながりを織りなすような人に」というような意味を持たせたら素敵な名前になりそうですね。