鵬(ほう・おおとり・とも・ゆき)


(ほう・おおとり・とも・ゆき)
ootori – hou, tomo, yuki

想像上の大きな鳥。転じて、大事業やすぐれた者のたとえ。
コウノトリ・ツル・ハクチョウなど、大形の鳥の総称。
鳳凰(ほうおう)のこと。



古代中国の思想家、荘子が著した「逍遥遊(しょうようゆう)」に登場する伝説の大鳥。
翼の長さが3000里あり、一度羽ばたくだけで9万里を飛ぶとか。
今の単位に換算してみたら、翼の長さが 11,781kmなのでユーラシア大陸ばりの大きさ。一度羽ばたくだけで地球を8周くらいしてしまうくらいの大きな鳥ですね。

実在したかどうかすら怪しいと言われている荘子ですが、宮﨑駿さんばりにファンタジーがお好きな方だったようで、「逍遥遊(しょうようゆう)」という書物も全編通して空想世界のことが書かれているそうです。

北冥有魚,其名為鯤。鯤之大,不知其幾千里也。
化而為鳥,其名為鵬。鵬之背,不知其幾千里也。
怒而飛,其翼若垂天之雲。
是鳥也,海運則將徙於南冥。南冥者天池也。

この世界の北の果て、波も冥(くら)い海に魚がいて、その名は鯤という。
その鯤の大きさは、いったい何千里あるのか見当もつかないほどのとてつもない大きさだ。
この巨大な鯤が転身の時を迎えると、姿を変えて鳥となる。その名は鵬という。
その背(せな)の広さは幾千里あるのか見当もつかない。
この鵬という巨大な鳥が、一たび満身の力を奮って大空に飛びたてば、その翼の大きいこと、まるで青空を掩(おお)う雲のようだ。 この鳥は、(季節風が吹き)海の荒れ狂うときになると、(その大風に乗って飛び上がり)、南の果ての海へと天翔(あまがけ)る。「南の果ての海」とは天の池である。

荘子 逍遙游より



なんともケタ違いなスケール感。
横綱人気でこの字を使った名が増えてきているとか。
名前負けしないようたくましく育ちますように。