渚(なぎさ・しょ・みぎわ)


(なぎさ・しょ・みぎわ)
nagisa – sho, migiwa

河川の中に砂や流石などが集まってできるこじま。なかす。転じて、水ぎわの地。
なぎさ。波打ちぎわ。みぎわ。
海の砂浜から波打ち際までの広い砂地のこと。



和語「なぎさ」の語源は、波際(なみぎわ)、波前(なみさき)など、波打ち際をあらわす言葉。つくりの「者」には、「付着する、集まる」という意味があると言われているので、波が集まる、あるいは波に寄せられて集まった砂という意味で、砂浜や中洲をあらわす字となったのでしょう。

渚ちゃんには、打ち寄せる波のように自然と人が集まってきそうですね。