湊(みなと・そう)


(みなと・そう)
minato – sou

みなと。
水上航路のあつまってくるみなと。
あつまる。
多くの物がそこへとしぼられたようにあつまる。
おもむく。向かう。
至る。



音楽や舞いを捧げることを「奏楽、演奏」、身分の高い人に意見を述べることを「上奏」というように、漢字の「奏」は、両手で貢物をささげて献上する形をあらわす字で、「神にささげる、あつまる」の意。

和語「みなと」の語源は「水(み)の門(と)」で、川・海などの水の出入り口をあらわす言葉。現在では「港」の字が一般的ですが、「湊」には、漢字の成り立ちから、舟や水流、ひとが「集まるところ」という意味があります。名前に使うと人気者になりそうな字ですね。