翠(みどり・すい・あきら・かわせみ)


(みどり・すい・あきら・かわせみ)
midori – sui, akira, kawasemi

鳥の名。カワセミ(翡翠)。
宝石のひすい。
みどり。青緑色。
混じりけがないうつくしいみどり色。



鳥のカワセミの雌をあらわす字。
カワセミは中国では「翠鳥」、日本では「翡翠」と書かれますが、日本の「翡翠」は、「翡」が雄の、「翠」が雌のカワセミをあらわしているそうです。凰や麒と同じですね。色としての翠(みどり)色がカワセミの羽の色なんだとしたら、今の言葉ならコバルトブルーと言ったほうが近いかもしれません。

また「翠」は、純粋の粋と同じく混じり気がないという意味もあるとか。カワセミの「翡翠」という字は、そのまま宝石の「ひすい」という字でもありますが、これは宝石のひすいがカワセミの羽のようなうつくしい青緑色をしていたことから名付けられたそうです。
意味も姿も美しい漢字ですね。