学(まなぶ・がく・あきら・さと・さとる・さね・たか・のり・ひさ・みち)

(まなぶ・がく・あきら・さと・さとる・さね・たか・のり・ひさ・みち)

まなぶ。
学問。
学ぶ所。学校。
学問をする人。学者。



成り立ちは戦前まで使われていた旧字体の「學」を見ないとわかりません。かんむりの部分は、両手「臼」の間に「爻(交わる)」という字が入って、先生と生徒(子)が勉強している姿をあらわした字だそうです。ちなみに教えを請う生徒側目線の「学」に対し、「教」は、「爻(交わる)」と「攴(ボク)=攵(むち)」を組み合わせた先生側目線の文字。余談ですが、戦前は「教」にも旧字体「敎」が使われていたそうです。

文句なくいい字義なので名前の読みもたくさん。
今回は無邪気な子供をイメージしながら書いてみました。