騎(き・ぎ・のる・のり)

(き・ぎ・のる・のり)
ki – gi, noru, nori

のる。馬にまたがってのる。
乗用の馬。
馬にのった兵を数えることば。



身体を斜めに傾けた人、何かに寄りかかっている人をあらわす「奇(き)」という字に「馬」を合わせた字が「騎」で、意味はずばり「馬に乗る」です。

古代の中国やヨーロッパでは、馬は馬車をひく動物であって人が直接乗ることはなかったとか。馬具が少しづつ進化し、騎馬兵が戦争に用いられるようになった歴史は比較的浅く(といっても紀元前のハナシですが…)、当時は優れた機動力と突破力で恐れられたそうです。

名前に使われることは比較的少ない字ですが、仮面ライダー龍騎が放映されていた2002年頃にはちょっとした「騎」ブームがあったとか。ちなみに、一般的に知られている読み方は「き」ですが、歴史上名付けでよく使われてきた読みは「のり」です。男らしいいい字だと思います。