完(かん・さだ・たもつ・なる・ひろ・ひろし・まさ・また・またし・みつ・ゆたか)


(かん・さだ・たもつ・なる・ひろ・ひろし・まさ・また・またし・みつ・ゆたか)

kan – sada, tamotsu, naru, hiro, hiroshi, masa, matashi, mitsu, yutaka


欠けた所がない。
やり遂げる。全うする。
すっかり。全く。



うかんむりに「元」と書きます。元は、頭を丸めた(元服した)人物をあらわす文字ですが、ここでは家屋や建物をあらわすうかんむりと合わせ、ぐるっと城郭に囲まれた強固な城をあらわすとのこと。「元=球=欠けたところがない」というあたりが現在の意味につながる字義でしょうか。

古くから名付けにも人気があるようで、多くの読みがあります。名付けに意味を持たせるとすると「やり遂げる=使命を全うする」という意味がいちばんしっくり来そうですね。