幾(き・いく・おき・ちか・ちかし・のり・ふさ)


(き・いく・おき・ちか・ちかし・のり・ふさ)
ki – iku, oki, chika, chikashi, nori, fusa

数量の不明・不定の意を表す。
数量の多い意や年月の長い意を表す。
一桁の小さな数について問う語。いくつ。
少しずつ。それとなく。
細かいきざし。
こいねがう。


糸飾りとほこを合わせた字。本来の字義は、邪気を祓うまじないに使われた道具だそうです。少しの邪気も見逃さず祓うというところから、「僅かな」という意味から「請い願う」という意味にまで使われているという解釈。

現代語としての意味はあまりピンときませんが、邪気を祓うという字義まで遡ると名付けの由来になりそうですね。