媛(ひめ・えん)

(ひめ・えん)
hime – en

美しい女性。
女性の美称。また、女性の名に添える語。
身分の高い女性の敬称。



古代の日本では、男性の名には「馬子、妹子」などのように「こ(子)」が、女性の名には「真足女、阿古売」というように「め(女・売)」の字がつけられるのが一般的だったそうです。やがて、高貴な男女をあらわす美称として「ひ」の文字をつけた「ひこ」と「ひめ」という呼称が誕生したとか。

この女性に対する「ひめ」という美称に漢字をあてたものが「姫・媛」です。
特にどちらの字がどうという違いはなく、ともに美しい女性、位の高いやんごとない女性に対する美称、敬称として使われてきたとのこと。
日本の神話に出てくる神々の名を調べてみましたが、確かに「媛」と「姫」の文字が両方とも使われていました。どう使い分けたかは不明ですが、同じように使われていたことは間違いないようです。

余談ですが「愛媛」の名は、古事記の「伊予国は愛比売(えひめ)と謂ひ」という記述に由来しているとか。なぜ「えひめ」と呼んだかについては詳しくはわかってないそうですが、日本の都道府県名の中では群を抜いて歴史が深く、かつ由緒正しい地名なんですね。

もちろん人名用漢字なので名付けにも使えます。
ヤナトナデシコな女の子になりそうですね。