青(あお・しょう・せい)


(あお・しょう・せい・あおい・きよ・はる)
ao – shou, sei, aoi, kiyo, haru

あお。あおい。
若い年ごろ。
東。
記録。書籍。



旧字体は「靑」です。下部は月ではありません。
成り立ちは「生」+「丼(井戸の中の水)」あるいは、「丹」で染め物の色を表しているという説があるとか。

日本語の「あお」は、緑に近い色から藍色までかなり広い色相をカバーする語ですが、元々は主に「緑」を指して使っていたようです。いまでも明確に残っているものといえば、信号の「青」でしょうか。

青 : 本来は植物の若葉のみどり色をさす字。現代ではブルー。
: 草や木の葉の色。深緑色。濃い藍色。灰白色。
: 青緑色。浅緑色。サファイアブルー。
藍 : 植物の藍。あい色。晴天の空の色。インディゴブルー。