玄宗 | Xuanzong 書道作品 japaneseart japanese calligraphy 書家 田川悟郎 Goroh Tagawa


玄宗

gensou : Xuanzong
No.2,033
2019/12/01 – 336


星の名だったり、通りの名だったり、新種の生物や元素の名だったり。名前を残すといってもいろいろありますが、「香道」の香りの種類に名を残すっていうのもなかなかオツですね。まあ本人が望んだかどうかは知りませんが。


げん‐そう 【玄宗】
[1] 中国、唐第六代皇帝(在位七一二‐七五六)。姓名は李隆基。諡(おくりな)は明皇。「韋氏の乱」にクーデターを起こして韋氏を誅(ちゅう)し、父、睿宗(えいそう)を立て、ついで、禅を受けて位についた。その治世の前半は「開元の治」と呼ばれる太平の世を現出させたが、天宝(七四二‐七五五)の後は、楊貴妃を寵愛し、政治をおろそかにして「安史の乱」を招いた。(中略)
[2] 〘名〙香木の名。分類は伽羅(きゃら)。六十一種名香に準じ、上馬に代えて六十一種に入れることもある。
日本国語大辞典