竹影掃堦塵不動 | unshakable spirit 書道作品 japaneseart japanese calligraphy 書家 田川悟郎 Goroh Tagawa


竹影掃堦塵不動

unshakable spirit
No.2,011
2019/11/09 – 314


何ものにもとらわれることのないココロ。そんな禅の境地をあらわしていると解釈されている有名な句です。

自分自身を拠りどころとして惑わされず、染まらず。そうありたいなぁとはおもうものの、何かあるたびに一喜一憂、右往左往しているのも人間らしくてええんちゃうかなぁとか、そんなことをかんがえながら。


竹影掃階塵不動
月穿潭底水無痕


竹の葉の影が階段を掃くように動くが、階段の塵が動くことはない。
また、月の明かりが水底に影を落としても、水に跡を残すことはない。

Bamboo shadows sweep the stairs, yet not a mote of dust is stirred.
Moonbeams pierce to the bottom of the pool, yet in the water not a trace remains.

https://sho.goroh.net/2019-1754/