徒花 | come to nothing あだばな 書道作品 japaneseart japanese calligraphy 書家 田川悟郎 Goroh Tagawa


徒花

adabana : come to nothing, blossom thats bear no fruit
No.1,970
2019/09/29 – 273


「あだばな」とは、実を結ばずに散った花、季節はずれに咲く花を意味する大和言葉。転じて努力が実らず虚しい結果に終わること。

実らない努力に「意味」はないかもしれないけれど、「意義」はたしかにあると、最近やっと実感できるようになってきました。
実が成るかどうかばかり気にしていると、せっかくの花を見逃してしまいますよと。