無我 | selflessness 書道作品 japaneseart japanese calligraphy 書家 田川悟郎 Goroh Tagawa


無我

muga : selflessness
No.1,918
2019/08/08 – 221


われわれの「自我」というものは、唯一不変の存在として肉体とともにあるのではない。個々の実態は「空(くう)」である。

ではかけがえのない「自分自身」という存在はどこにあるのか、それは、人を含む森羅万象とのつながり、「縁起」の中に存在していて、その関係性のありかたによって常に変化しているものである。

と、かなり私的な解釈でまとめてしまいましたが、それが仏教の「自我」に関する世界観だそうで。コトバ足らずですみません。ひとつの考え方としておもしろいなと。
なにが言いたかったかというとですね、「無我」というのは「ココロを空にして無になる」ということではないという、そんなおハナシでした。

余談ですが、では他者とのつながり(縁)を避け、ひとりココロを閉ざして思い悩んでいるときには、実はどこにも「自我」が存在していないということかもしれないなと、なんとなく勝手に解釈して納得してみたり。
そんなことを考えながら、今回はとびきりこじらせた「無我」を。