格致 | search for truth 書道作品 japaneseart japanese calligraphy 書家 田川悟郎 Goroh Tagawa


格致

kakuchi : search for truth
No.1,899
2019/07/20 – 202


真実を追求する、とひとことで言っても、そのアプローチにはおおきく二種類あるようにおもいます。
ひとつは、まだ気づいていない事実、価値観、視点を学びたいという知的好奇心からくる追求。もうひとつは、理解できない事象をなんとか自分の既知の常識に収めたい、という不安からくる追求。

今回の選挙界隈のみなさんの意見をSNSで眺めながら。


格物致知 (かくぶつ ちち)
物の道理を窮め、知的判断力を高める意で、理想的な政治を行うための基本的条件、モットー。

【補説】
「礼記」大学の「致知在格物」の意味を、朱子は「知を致すは物に格(至)るに在り」と事物の理に至ることと解し、王陽明は「知を致すは物を格(正)すに在り」と心の不正を去ることと解した。