五箇条の御誓文 | Oath in Five Articles 書道作品 japaneseart japanese calligraphy 書家 田川悟郎 Goroh Tagawa


五箇条の御誓文

Oath in Five Articles
No.1,806
2019/04/18 – 109


コドモの頃に学校で習い、呪文のように覚えた記憶しかなかったけれど、あらためて読んでみたら当時の時代背景(上下とか、皇基の振起とか)こそあれど、ちゃんと議会制民主主義の根幹が宣言されているわかりやすい宣言文でした。しかも、大政奉還を経て王政復古を果たし、専制君主制を宣言できたであろう明治天皇が天地神明に誓約するという形で。結構な歴史的大事件だったんじゃないでしょうか。

人心よりも経済を優先する与党のみなさんと、公論そっちのけで与党の揚げ足を取るばかりの野党のみなさんにぜひ国会で唱和していただきたいなと、そんなことをかんがえながら50枚ほど。書けば書くほど味のある文でした。


一 廣ク會議ヲ興シ萬機公論ニ決スベシ
一 上下心ヲ一ニシテ盛ニ經論ヲ行フべシ
一 官武一途庶民ニ至ル迄各其志ヲ遂ゲ人心ヲシテ倦マサラシメン事ヲ要ス
一 舊來ノ陋習ヲ破リ天地ノ公道ニ基クべシ
一 智識ヲ世界ニ求メ大ニ皇基ヲ振起スべシ

御誓文 / 慶応4年3月14日(1868年4月6日)

Deliberate assemblies shall be widely established and all matters decided by public discussion.
All classes, high and low, shall unite in vigorously carrying out the administration of affairs of state.
The common people, no less than the civil and military officials, shall each be allowed to pursue his own calling so that there may be no discontent.
Evil customs of the past shall be broken off and everything based on the just laws of nature.
Knowledge shall be sought throughout the world so as to strengthen the foundations of imperial rule.