四苦八苦 | pains 書道作品 japaneseart japanese calligraphy 書家 田川悟郎 Goroh Tagawa


四苦八苦


生老病死
求不得苦
怨憎会苦
愛別離苦
五陰盛苦

shiku-hakku : pains
No.1,715
2019/01/18 – 018


人が業として持っている苦しみを大きく四種、さらに四種、合わせて八種にまとめたものが、仏道における四苦八苦だそうで。
たしかにごもっともだとはおもうのですが、同時に人生におけるよろこびについても「四喜八喜」的にまとめておいていただきたかったなと。


四苦八苦
仏教用語。人間の苦悩の原因をあげたもの。 生れること(生)、老いること(老)、病気をすること(病)、死ぬこと(死)の4つを「四苦」といい、人間の根本的な苦悩とする。これに愛する者と別れる苦しみ(愛別離苦)、怨み憎しむ者に会う苦しみ(怨憎会苦)、欲しいものを手に入れることができない苦しみ(求不得苦)、人間の身心を形成する物質的、精神的現象から苦しみが盛んになること(五陰盛苦)の4つの苦しみを加えて「八苦」という。… ブリタニカ国際大百科事典より