夕餉(ゆうげ)


ゆうげ(夕餉)
YUUGE
supper



朝餉(あさげ)、昼餉(ひるげ)、夕餉(ゆうげ)。古くは「あさけ、ひるけ、ゆうけ」と濁らずに清音だったそうです。
あまり見慣れない漢字「餉(しょう)」は「かれいい」と訓読みし、炊いた米を携帯用に乾燥させた「乾飯(かれいい)」のことを意味する字だそうです。字義は「相手に向けて食事を与えること」。

余談ですが、英語の「breakfast」の語源は、断食(fast)をやめる(break)ことから来ているとか。
朝ごはんというと、パンやシリアル、最近ではスムージーなど、バリエーションもさまざまですが、朝餉(あさげ)と言われるとやっぱり炊きたての白飯と味噌汁が思い浮かびます。

写真は一合炊きのちいさな羽釜で炊いた能登のめだか米。本格的な羽釜とくらべるとおもちゃみたいな釜ですが、それでも炊飯器で炊くよりおいしいんですよね。
今日もおいしい夕餉が食べられますように。


大和ことば – 091 / 365

毎日一語、趣きのある大和ことばをえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。