夕星(ゆうつづ・ゆうづつ)


ゆうつづ・ゆうづつ(夕星)
YUTSUZU
Venus



金星、それも明けの明星ではなく「宵の明星」を平安の頃には「夕星(ゆうつづ)」と言ったそうです。読みは「ゆうつづ」とも「ゆうづつ」とも。

ヨーロッパでは、金星を女神ヴィーナス(ウェヌス)に例えたことから現在でも「Venus」の呼び名で呼ばれていますが、こちらは宵の明星ではなく「明けの明星」の輝きを讃えてのことだったとか。でも実際の金星は、二酸化硫黄の雲と硫酸の雨に覆われ、地表での大気圧は水深900m相当。地表温度は400℃を下回ることはないとか。なかなかドSな女神です。


一応肉眼で確認した金星の方角を撮影したものの、さすがにiPhone5cのカメラでは綺麗に撮れず。雰囲気だけお楽しみください。すんません。


大和ことば – 121 / 365

毎日一語、趣きのある大和ことばをえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。