ゆめ(夢)


ゆめ(夢)
YUME
dream



上代の日本では、強く誰かを思いつつ眠りにつくと、その相手の夢に出演することができると信じられていたとか。

辞書によると「睡眠中に、あたかも現実の経験であるかのように感じる一連の観念や心像のこと。睡眠中の幻覚」とありました。神経生理学的には「外的あるいは内的な刺激からもたらされる興奮によって、大脳皮質や辺縁系などの記憶領域に貯蔵された過去の記憶映像や感覚が再生されつつ、ストーリーを作っていくもの」と言われているものの、実はまだそのメカニズムはよくわかっていないそうです。

ちなみに、将来の願望や願いを指して「夢」というようになったのは比較的最近、それも近代になってから英語の「dream」の日本語訳に「夢」という語を当てはめてからだと言われているとか。面白いですね。


大和ことば – 166 / 365

毎日一語、趣きのある大和ことばをえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。