やまことば(山言葉)


やまことば(山言葉)
YAMAKOTOBA
words of hunter



例えば、熊は「いたず」、オオカミは「おきゃく」、お酒は「きよわか」、心臓を「さんぺ」、犬を「せた」など、猟師、いわゆる「マタギ」のひとたちが使っていた言葉を「山言葉」というそうです。

日本語がなまったものに加え、アイヌ語の影響を受けているのが特徴で、東北地方に多くいたマタギの祖先はアイヌ民族だったのではないかとのこと。閉鎖的な文化だったのでご当地訛りもかなりあるようです。


やまとことば – 222 / 365

毎日一語、趣きのある大和言葉(やまとことば)をえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。