矢(や・し・ただ・ちこう・なお)

(や・し・ただ・ちかう・なお)
ya – shi, tada, chikau, nao

武器・狩猟具。
弓の弦(つる)につがえ、距離を隔てた目的物を射るもの。
木または竹で作った棒状のもので、一方の端に羽をつけ、他方の端に鏃(やじり)をつけたもの。
木材や石など、かたいものを割るのに使うくさび。



弓矢の「矢」をかたどった字。古くは邪気を祓う神聖な儀式で神に誓いを立てる際に使われたことから、「ちかう」という特殊な読みも。
余談ですが、双方が誓い合う時に矢を折る儀式を行ったことから、誓うという語に「折」という字が含まれているとか。

名付けに使うなら「誓う」という意味も由来に含めるとグッと重みが増しそうですね。