耶(や・か)

(や・か)
ya – ka

疑問、推量の意をあらわす助詞。
父親(キリスト)のこと。


もともと「邪」が変化した字だという説もあり、名付けには向かないという見解もあるようですが、中国でも日本でも疑問をあらわす助詞としての意味しか持っていないので気にすることはないと思います。父親という意味も、耶蘇教(やそきょう=キリスト教)に「耶」の字が当てられたことに起因しているのでこれも本来の字義とは無関係。余談ですが、キリスト教に「耶蘇教」の字を当てたのは中国。日本語読みでは「耶蘇」は「やそ」になりますが、中国語として読むと「イエス」に限りなく近い発音になります。

もし、この字のことを縁起が悪いと言う人がいたら、木花開耶姫(コノハナノサクヤビメ)のことを教えてあげてください。木花開耶姫は、富士山の神と言われ、浅間神社に祭られている日本神話上の女神です。