わさび(山葵)


わさび(山葵)
WASABI
Japanese horseradish



わさびは日本固有の香草。

語源についてはよくわかっていないそうです。調べてみても「悪障疼(わるさわりひびく)」の略だとか、「走る」という意味の古語「わしる」と「実(び)」を合わせたものが転じただとか、眉唾な説ばかり。

飛鳥時代の遺跡から出土した木簡に「委佐俾(わさび)」という文字が見られるのが最古の記録。のちに平安時代
になって編纂された薬草事典「本草和名(ほんぞうわみょう)」には「山葵」漢字で登場します。
わさびが栽培されるようになったのは江戸時代の初めごろ。江戸前のお寿司屋さんが臭み消しのために寿司にわさびを添えはじめたのは1800年代に入ってからのことだそうです。

誰がはじめたのかわかりませんが、現代から感謝状を送りたい気分ですね。


大和ことば – 319 / 365

毎日一語、趣きのある大和ことばをえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。