天地与我同根 万物与我一体 禅語 禅書 書道作品 zen zenwords calligraphy


天地与我同根
万物与我一体

てんちわれとどうこん、ばんぶつわれといったい


今日、2016年12月16日のTVは日露会談のニュース一色。あらためてまじまじとプーチン大統領の表情、話し方、立ち居振る舞い、インタビューでの受け答えを目にしましたが、彼の政権が安定した長期政権であるわけが何となくわかったような気がします。

友人と電話でそんな雑談をしていると、彼いわく「敵ながらアッパレ」と。
果たしてプーチン大統領は、ロシアは敵なんでしょうかね。

閑話休題。この禅語は、肇(じょう)法師という僧が「涅槃無名論」という書物に遺したもの。「自分という存在と、大宇宙の根源は同じであり、この世の中のあらゆる存在と自分は一つのものである」という意味の禅語です。

報道の中で、北方領土四島に現住するロシアの人々、また四島を追われた日本の人々のインタビューが流れていました。いちばんの被害者は政治の材料にされている彼らの生活であって、そこには敵も味方もあってはいけないはず。
理想論かもしれませんが、返還か否か、四島か二島かの白黒つける結論ではなく、現住する人たち、追われた人たちがともに故郷で生活できるような解決であってほしいと思います。


禅のことば – 150 / 365

毎日一語、趣きのある禅語をえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。