うつつ(現)

うつつ(現)
UTSUTSU
actuality


現(うつつ)は「夢・虚構・まぼろし」などの対義語で、現実を意味する大和ことばです。
夢だったか現実だったかおぼつかない状態が「夢現(ゆめうつつ)」、何かに夢中になって、しなければならないこと(現実)をほったらかにすることが「現(うつつ)を抜かす」です。

現を見ずに生きていければ幸せなんでしょうが、そうもいかないのがこの世の常。
みなさんくれぐれも現が抜けっぱなしにならないようご注意を。


大和ことば – 009 / 365

毎日一語、趣きのある大和ことばをえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。