うたよみどり(歌詠鳥)


うたよみどり(歌詠鳥)
UTAYOMIDORI
a bush warbler



歌詠鳥とは、鶯(うぐいす)のこと。

古今集仮名序に、「花に鳴く鶯、水に住む蛙の声を聞けば、生きとし生けるものいづれか歌をよまざりける」という一文があります。意味は、鶯や蛙の鳴くのを聞くと和歌を読まずにはいられない…という感じでしょうか。この一文から、春の季語としてうぐいすのことを「歌詠鳥」と言ったようです。

写真はうぐいす色の布地。いい色です。


やまとことば – 218 / 365

毎日一語、趣きのある大和言葉(やまとことば)をえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。