螻蟻撼於鐵柱(るぎてっちゅうをうごかす)禅語 禅書 書道作品


螻蟻撼於鐵柱

るぎてっちゅうをうごかす


碧巌録という禅の公案集に「螻蟻撼於鐵柱」という一節が登場します。これは、「オケラやアリごときが鉄柱を動かそうとするようなものだ、身の程を知りなさい」と諭す言葉。偉大な僧の教えに屁理屈で反論する未熟者をたしなめて言ったものですが、それにしても手厳しいお言葉。

誰だって何かをはじめるときは初心者。誰の目にもとまらないちっぽけなアリンコからのスタートです。仲間をいっぱい集めて大群で鉄柱の根元を掘り返すか、あるいは一匹で鉄柱を揺るがすくらいの力を身につけるか、はたまたもっと大きな鉄柱を建てるか。いずれにしても、これくらいの叱責でめげているようでは何も始められませんよね。ということで、アリンコ書家は今日もせっせと書の練習を。


禅のことば – 048 / 365

毎日一語、趣きのある禅語をえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。