たまげる(魂消る)


たまげる(魂消る)
TAMAGERU
to be shocked



文字通り、たましいが消えるかとおもうくらい驚くこと。江戸期あたりからの言葉だそうです。
同じ意味で「魂切(たまぎ)る」という言葉があり、鎌倉期に「怯える」という意味で使われはじめ、室町期に驚くという意味に転じたとか。「魂消る」と「魂切る」では意味が違うので別源だという研究者さんもいらっしゃるようですが、いやぁ一緒じゃないですかね。


やまとことば – 247 / 365

毎日一語、趣きのある大和言葉(やまとことば)をえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。