瀧(たき・ろう・たけし・よし)


瀧・滝(たき・ろう・たけし・よし)
taki – rou, takeshi, yoshi

はやせ。竜のような形をした急流。
たき。高い所から長い太いすじをなして流れ落ちる水。
うるおす。



和語「たき」の語源は、湯が沸く、水が激しく流れるという意味の「たぎつ」からきていると言われています。
平安時代以前は、高所から落ちる水のことではなく、急流や激流をさす言葉だったとか。激しくうねりながら流れる水に龍の姿を重ね合わせたんでしょう。ちなみに現在で言う「滝、瀧」は「垂水(たるみ)」と呼んでいたらしいです。

辞書によると、「滝」が「瀧」を略した俗字だという風に書かれたものもあるようですが、「」は「」よりも古くから使われていた別の字です。

姓では見かけるものの、なかなか名前では見ない字。男らしくていいと思うんですけどね。激しい水流とは違って「うるおす」という意味もあるので、今回はそっちのイメージで書いてみました。