すけだち(助太刀)


すけだち(助太刀)
SUKEDACHI
help



今では「手助けをすること、加勢すること」くらいの意味で使われていますが、元々は仇討ち(あだうち)や果たし合いに見方として参加することを意味しました。小刀や脇差しではなくて「太刀(たち)」でヘルプするというのですから相当な覚悟での加勢だったんでしょう。

先日、これまで大和言葉シリーズで書いた「 」や「 断つ 」などの語が、SNSで「不穏当な投稿」と判断されるという思いもかけないことが起こりました。なので今回はSNSに怒られないように太刀のかわりに 秋刀魚 の写真でお茶を濁す方向で行こうと思います。


大和ことば – 176 / 365

毎日一語、趣きのある大和ことばをえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。