それがし(某)


それがし(某)
SOREGASHI
personal pronoun



時代劇の印象が強いせいか、「それがし」と言うと自分自身のことを言う一人称代名詞だとばかり思っていましたが、本来は「どこかの誰かさん」という意味の指示代名詞だったとか。確かに自分自身のことなら「それ」じゃなくて「これ」のほうがしっくりきますね。中世以前は「なにがし」と同じ意味だったそうです。ちなみに「なにがし」も漢字で書くと「某」。

余談ですが、同じく時代劇によく登場する「拙者(せっしゃ)」とは「拙い者」という意味でへりくだった謙譲の意味をあらわす一人称代名詞。もし戦国の世にタイムスリップすることがあったら「拙者」を使ったほうがいいと思います。


やまとことば – 241 / 365

毎日一語、趣きのある大和言葉(やまとことば)をえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。