倭建命 望郷歌 Songs of Nihonshoki 書道作品 calligraphy


倭建命 望郷歌

Songs of Nihonshoki, by Yamato Takeru


古事記では、遠征に出た倭建命が故郷の倭(やまと)を想って「大和は国々の中でも格別に優れた美しい国だ。幾重にも連なった青々と茂る山々、その山々に囲まれた大和こそ本当に麗しい国だ。」と望郷の念を詠ったとされています。日本書紀ではまた少し違った表記で景行天皇の詠んだ歌として紹介されたりしていて、歴史家のみなさんの間では色々と議論があるそうですが。

まほろばをけがすようなことをすると怒られますよね、いにしえの神々に。


夜麻登波
久爾能麻本呂婆
多多那豆久
阿袁加岐
夜麻碁母禮流
夜麻登志宇流波斯

やまとは
くにのまほろば
たたなづく
あをかき
やまごもれる
やまとしうるはし

Great Yamato, of all lands most supreme
Enclosed by ranks of verdant banks on surrounding hills,
Great Yamato-unmatched for beauty