即無心無尽蔵 禅語 禅書 書道作品 zen zenwords calligraphy


即無心無尽蔵

そくむしん、むじんぞう


むかしから引っ越し好きだったので、あまりモノを持たないようにするクセがついています。身軽にうごけるように、部屋に大きな家具は置かず、本やCD、衣類なんかも溜まってきたら定期的にバッサリと整理。20年以上そういう生活をしていると、不思議とモノに対する執着心がなくなってくるもんですね。

好きなものに囲まれた生活も豊かでいいものなんだろうなと思いますが、ないならないで、いつでもどこにでも身軽に行けるという可能性に満ちた自由さもある意味豊かなんじゃないかなと。

閑話休題。
今日書いた禅語は、「無心、すなわち無尽蔵」、禅思想の本質を端的にあらわした一文です。
人のココロも、時を経て溜まってきたいろんな執着をひとつひとつ断舎利していけば、かわりに可能性が広がっていくぞと、そういうことなのかもしれないですね。


禅のことば – 335 / 365


毎日一語、趣きのある禅語をえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。