朝聞道夕死可也 禅語 禅書 書道作品 zen zenwords calligraphy


朝聞道夕死可也

あしたにみちをきかば、ゆうべにしすともかなり


論語に残っている孔子のことばです。吉田松陰たち松下村塾の志士たちは、この禅語を「正義を貫くためなら死をもいとわず」と解釈し、維新の道を歩んだとか。

ことばの本意はきっと、「悟りを開けば生への執着も消え、死を恐れることもなくなる」ということであって、死んでもいいということではないと思います。死んじゃいけませんよ死んじゃ。


禅のことば – 253 / 365

毎日一語、趣きのある禅語をえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。