柳葉魚(ししゃも)


ししゃも(柳葉魚)
SHISHAMO
smelt



ししゃもは北海道東南部にのみ生息する回遊魚。語源はアイヌ語の「しゅしゅ(柳)はむ(葉)」。民の飢えを救うために、カムイ(神)が散って川に流れていく柳の葉を魚に変えたという伝承から名づけられたそうです。音だけじゃなく、漢字もアイヌ語に由来してたんですね。

余談ですが、本物のししゃもは希少な高級魚。われわれがいつもスーパーマーケットで買っているししゃもはカラフトししゃもという属の異なる別の魚です。昨日BBQで食べたこの写真の魚もカラフトちゃん。

厳密に言うとやまと言葉ではありませんが、日本古来のアイヌ文化に敬意を表して。


大和ことば – 077 / 365

毎日一語、趣きのある大和ことばをえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。