一雨潤千山 禅語 禅書 書道作品 zen zenwords calligraphy


一雨潤千山

いちうせんざんをうるおす


数多の山を潤すのも一滴の雨粒から。
お釈迦様の教えが別け隔てなく、慈雨のように広く世に浸透してゆくことを讃えた仏道のことばです。

インターネットの恩恵で、所属団体もバックグラウンドもない書家が書いた作品でも、その日のうちに数千人のヒトたちに見てもらえる世の中になりました。ありがたいなと思い活用しつつも、それありきで創作活動をしているとダメになるんちゃうかなという得体の知れない危機感も絶えずアタマのどこかにあります。

うまく言えないですが、短時間で拡散できるものは短時間で消費され、あっというまに消えてゆくような気がして。もしかしたらそんな泡沫が消えてなくなってしまわないように毎日せっせと書いて公開してるのかもしれません。

もしお釈迦様が Facebook や Instagram を駆使して信者を集め、Youtube と Twitter でお説法を拡散しながら数年間で仏教を世界中に広めていたら、それでも千年以上の時を経て世界中からの信仰を集めるような宗教になってたんでしょうか。


禅のことば – 197 / 365

毎日一語、趣きのある禅語をえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。