千峰勢到獄邊止 萬派聲歸海上消 禅語 禅書 書道作品 zen zenwords calligraphy


千峰勢到獄邊止
萬派聲歸海上消

せんぽうのいきおいはがくへんにいたってとまり、ばんぱのこえはかいじょうにきしてしょうす


2017年7月7日、国連で核兵器の開発や保有、使用などを法的に禁止する初めての国際条約が採択されるという歴史的なできごとがありました。今年9月から署名ががはじまるこの条約には、100ヶ国以上が加盟する見通しとのこと。ただ、アメリカ、ロシアなどの核保有国はともかく、唯一の被爆国であることを声高に主張してきた日本がこの国際条約の採択に参加せず、加盟もしない見通しだというとても残念な状況。

閑話休題。
数多の峰々は、最高峰を頂きにして大きな山脈として連なり、滝や河川の轟音は、やがて海へと流れ着いて一体となる。つまり、すべてはひとつの大きな源に帰着するということを説いた禅語です。仏の教えのことを言っているんでしょうか、あるいは執着と煩悩を取り払った人の心のことでしょうか。

国によって置かれている状況も、考えも思いもさまざまですが、つきつめればみんなしあわせに暮らしたいというひとつの願いに帰着するんじゃないかっていうのは幻想なんですかね。


禅のことば – 286 / 365

毎日一語、趣きのある禅語をえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。