清風拂明月 明月拂清風 禅語 禅書 書道作品 zen zenwords calligraphy


清風拂明月
明月拂清風

せいふうめいげつをはらい、めいげつせいふうをはらう


今夜は六十八年ぶりのスーパームーンだそうで。秋の名月を「スーパームーン」と呼ぶのもなんだかなと思って調べてみましたが、それに相当する日本語は見つかりませんでした。残念。ちなみに、満月のことを古くは「望月(もちづき)」と呼んでいました。

閑話休題。「清風拂明月、明月拂清風」とは、迷いのない澄んだ心境を表現した禅語。明るくかがやく月、清らかな風はともにあるがままで清々しいココロのあり方を象徴しています。

関東では残念ながら曇天からの雨天で見ることができませんでしたが、沖縄や東北の友人が撮影した満月をFacebookやinstagramのタイムラインで眺めながらの月見。ソーシャルメディアもなかなかいいもんですね。頭上の雨雲の向こうにこの月があるかと思うと、写真で見ていてもなんとなくココロが鎮まります。


禅のことば – 131 / 365

毎日一語、趣きのある禅語をえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。