さやか


さやか
SAYAKA
clear



「月日の光さやかにさし出でて世を照らす」(源氏物語・若菜上より)

明るくはっきりしていること。澄んでいること。
漢字では「清か」または「明か」とも。
古くは、輪郭や明度など視覚的にはっきりしていることだけじゃなく、音が澄んでシャープなこと、清らかなことも「さやかなり」と表現したようです。

今は小汚い格好をしていますが、ちゃんとスーツを着て社長業をしていた頃はシャツにアイロンをかけるのが大好きでした。さやかなり。


やまとことば – 253 / 365

毎日一語、趣きのある大和言葉(やまとことば)をえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。