山頭火 | ひとりひっそり竹の子竹になる | Quietly, by itself - The bamboo shoot, becomes bamboo.


ひとり ひっそり 竹の子 竹になる – 山頭火
Quietly, by itself The bamboo shoot, becomes bamboo – Santoka


放浪中の山頭火が、置き去りにしてきた息子を想って詠んだ句だと言われています。

今年も仲間から立派な竹の子が送られてきました。
東京の真ん中に住んでいても四季の味覚が味わえるしあわせに感謝。
眼福口福。


山頭火 | ひとりひっそり竹の子竹になる | Quietly, by itself - The bamboo shoot, becomes bamboo.