麟(りん)


(りん)
rin

麒麟。想像上の動物。
偶蹄目キリン科の首の長い動物。



中国の故事に「麟子鳳雛」という言葉があるそうです。伝説の霊獣とされる麒麟の子、鳳凰の子という意味から、幼少の頃から秀でた才能が光る将来性のある子のたとえだとか。同じ意味で「麒麟児」という言葉も。

例のビールのラベルでおなじみの麒麟は、背丈は5m以上あり、顔は龍、身体は鹿、牛の尾と馬の蹄をもち、体毛は黄色く、背毛は五色の柄。普段は穏やかで優しく、足元の虫や植物を踏むことさえ恐れるほど殺生を嫌う性質で、1000年生きるとか。動物園で見られる「キリン」の名はこの伝説の霊獣「麒麟」に由来しているわけですが、キリンと呼ぶのは日本と韓国だけで、伝説発祥の地、中国では「長頸鹿」と言うそうです。

ちなみに、霊鳥の「鳳凰」がそうであるように、霊獣の「麒麟」も、「麒」が雄を、「麟」は雌をあらわしていて、「麒麟」でつがいのキリンをあらわしています。もし名付けに使うのであれば、男の子には「麒」を、「麟」は女の子に使ったほうがいいかもしれませんね。