龍生龍子 鳳生鳳兒 禅語 禅書 書道作品 zen zenwords calligraphy


龍生龍子 鳳生鳳兒

りゅうはりゅうをうみ、おおとりはおおとりをうむ


ことわざで言う「カエルの子はカエル」と同義でしょうか。カエルと言われるとアレですが、龍や鳳となるとちょっと格が違って気分いいですね。

子は親に似るし、弟子は師に似ます。
昔は「カエルの子はカエル」も、「親が親だからしょうがない」と子供側で聞いていましたが、親側、指導者側で聞くとまたひと味ちがう言葉なんやなぁとしみじみ。できればカエルよりも龍か鳳でありたいなと。


禅のことば – 142 / 365

毎日一語、趣きのある禅語をえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。