大倶利伽羅広光 | ookurikara-hiromitsu


大倶利伽羅広光 | ookurikara-hiromitsu


竜王が炎となって巻きついている造作が彫られた剣を「倶利伽羅剣(くりからけん)」と呼ぶそうです。大倶利伽羅広光は、かの有名な刀工「正宗(まさむね)」の門人「広光」の手による倶利伽羅剣。幕府より下賜された伊達政宗が愛用していたという記録が残っているとか。現存するらしいので一度ホンモノを見てみたいですね。

この書は、先日の真夜中の書会にて 山本太陽 さんのリクエストで書いたもの。2016年にこの名刀「大倶利伽羅広光」に宿る精霊の役を演じるそうです。


大倶利伽羅広光 | ookurikara-hiromitsu

真夜中の書会