花魁(おいらん) oiran


おいらん(花魁)
OIRAN
high-class prostitute of long ago



花街、特に吉原の遊女で位の高い女性をその昔「おいらん」と呼んだそうです。
語源については「おいらの」が転じたものだの「人を騙すのに尾はいらん」という言葉遊びから来ているだのと色々な説があるようですが、不詳。どっちにしても酔っ払いが酒宴で考えそうなことです。庶民が暮らす市井とは一線を画した特殊なエリアでのことなので、謎めいているくらいがちょうどいいんでしょう。ちなみに漢字はあて字です。

花街の歴史については、ひとつの文化と見る人、歴史上の必要悪だと考える人、存在そのものに嫌悪感を覚える人など、捉え方はさまざまだと思います。歴史的な背景も今となってはスルッと抜け落ち、華やかなコスチュームとしての「花魁」のイメージに女性が魅了されるのは、「サムライ」にかっこよさを感じる男性と同じようなものでしょうか。

とうことで、今回はそんなダークサイドのミステリアスな日本の言葉として「花魁」を書いてみました。


花魁 おいらん oiran 書道作品


追記)

念のために書いておきますが、モデルの女性は花魁でもなければ遊女でもありません。
もう日本には昔ながらの花魁は存在しませんので悪しからず。


大和ことば – 050 / 365

毎日一語、趣きのある大和ことばをえらんで書にしています。
Facebookで日々公開していますのでもしご興味があれば。